« 不気味なカラスの集団! | トップページ | 東海道本線の車窓から(岐阜~尾張一ノ宮) »

2008年8月28日 (木)

東海道本線の車窓から(穂積~岐阜)

大垣駅から約5分で穂積駅です
019

穂積駅は、平成15年に巣南町と穂積町が合併して瑞穂市になったが
駅名は、ホズミのままですが、
市名はひっくり返したようにミズホ市に変わったのがややこしい

まあ、どちらにしても濃尾平野の豊かな稲作を想起させますね


017

昔ながらの商店街があります

さあ、穂積駅を出発しましょう!

011_2

出るとすぐ鉄橋です

この川は木曽三川のひとつ、長良川です

「長良川」という響きはどことなくロマンチックですよね

五木ひろしの「長良川艶歌」なんて唄にもなるし‥

しかし、このあたりどこを見ても車窓からはその雰囲気はありません

左手・北側が上流になりますが、長良川はこの先大きく右にカーブしていきます

約1キロ北には中仙道・河渡宿があります

さらに少し先、鏡島弘法の西に「小紅の渡し」があり現在も運営されています

今と違い、昔は、川や海を利用した舟運が主流でしたから

ここらあたりも上り下りの舟でずいぶん賑わったでしょうね

美濃市にある上有知湊も有名です

今の川は堤防で遮断され、人々の生活とは無縁な存在になっています

長良川と言えば岐阜の鵜飼や夏の全国花火大会が有名ですね



013

長良川を渡ると右手に「宇部日東化成」の工場、
さらに少し離れて高いビルがふたつ見えます

右側が岐阜県民ふれあい会館で14階建て
その左に岐阜県庁の12階建が遠くに見えます

岐阜県庁は岐阜市内の中心部・司町にありましたが
1996年(昭和41年)に現在地の薮田南に移転しました
当時は田んぼの中でよく目立ちました

今ではその周辺には岐阜県美術館などの公共施設、スーパー、レストランなど
立ち並び国道21号線沿いに賑わいをみせています

続いて右手に貨物ターミナル駅が見えてきます

016_2

たくさんのコンテナが積まれていますね

この貨物ターミナル駅は岐阜駅高架事業のため、貨物専用駅として移転し
昭和61年に開業しました


010_3

力強い機関車によってコンテナ貨物を引っ張っていきます

貨物駅が途切れたところに西岐阜駅が見えてきます

008

西岐阜駅は貨物ターミナル駅と同じ昭和61年に開業しました

南と北に駅前広場がありますがほとんど人はいませんね

とにかく周りを見ても人が集まるような店がなく、閑散としています

岐阜駅へたった3分なのに、マンションもあまり建ちません

20年たっても当時とあまり大きな変化はなく
駅の南には田んぼが残っていてのんびりしたムードです


019_2


駅前の一等地でも開発されていないのはどうしてかな?

この駅から県庁やふれあい会館など無料バスも出ていますが
利用客も多くはないようです

020_3

そのためか、駅の南側、北側周辺は小さな民間の月極、
時間貸し駐車場が多く見られます

1時間100円、一日最大800円らしいです

ほとんど「美濃善不動産」という看板が目立ち独占状態です

岐阜西部、北部から名古屋へ出るにはこの駅までマイカーで来て
JRに乗り換えるという人が多いですね

いわゆるパークアンドライドです

006

西岐阜駅を出るとすぐに岐阜環状線が下を走っています

それを越えると線路はすぐに高架になります

岐阜駅周辺の高架事業は、名鉄電車が2階相当を縦断しているので
3階建ての高さになります
003

その分、眺望が抜群です

左側(北側)窓には密集した民家やマンションが立ち並んでいます

8_012

駅西の村上記念病院周辺もマンションが建って賑やかになりました

さらに話題の高層マンションも昨年10月オープンしました

8_015_2
「岐阜シティタワー43」 の名が示すとおり43階建です
岐阜では飛びぬけて高いので遠くからでもよく見えます

200610_050
(2006年、建設中の高層マンションを岐阜駅南口から撮影)


いよいよ岐阜駅に近づきました

上り線からはあまり見えませんが南側には全国的に有名な場所があります

021

知る人ぞ知る金津園という特殊歓楽街です

地元としてはあんまり嬉しくはないのでしょうがね

あの小沢昭一様が涙オロオロにして喜ぶところです

詳しくは「小沢昭一的東海道ちんたら旅」(新潮文庫)を
読んでくださいね

夕闇せまり灯が灯るころ、下り電車に乗ればもう少し見えます

いよいよ岐阜駅到着です

8_020 


ただいま駅前を整備工事中です

円周の歩道デッキやバスターミナル、駅前広場が完成すれば
景観が一変するでしょう

岐阜といえば柳ケ瀬でしょう
駅前は昔からなんにもないところでしたね

戦後、満州からの引き揚げ者が古着を売る店が集まって

だんだん大きくなり「ハルピン街」ができました

なかでもアパレル産業を中心に
全国の業者がやってきて一時は大いに繁栄しました

しかし、時代の流れで衰退し、駅前も火が消えたようで
寂しい限りでした

028

繊維問屋街もシャッターが閉まって駅前が機能しないし
岐阜県の県庁所在地としてはイメージ低下です

この鉄道高架事業から始まって駅前広場の整備が
周辺の再開発と結びつけば大きな変化があるかも‥

8_002
岐阜駅に到着です

続きは東海道線の車窓から(岐阜~尾張一ノ宮)へ





« 不気味なカラスの集団! | トップページ | 東海道本線の車窓から(岐阜~尾張一ノ宮) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/23172766

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道本線の車窓から(穂積~岐阜):

« 不気味なカラスの集団! | トップページ | 東海道本線の車窓から(岐阜~尾張一ノ宮) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ