« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

夢のポスター掲示場発見!

福田政権もいよいよ正念場か

内閣改造をするらしいが、また人形の首の据え代えごっこでがっくらこん

それで、すぐ選挙に突入ってことになりそうだ!

034

でも地方では、選挙も飽き飽きしてしまってます

驚いちゃいけません

「ポスター掲示板」が見慣れた風景になっていまして

年がら年中、期間限定なし、立候補制限なしの自由な選挙特区

20歳未満のお子様でも、

ブラジル国籍、中国国籍でもOK!

もちろんあなたもすぐ候補者になれますよ

勝手にポスター作って貼ればいいんですから

大胆なアナタの夢や公約を実現すべく

終りのない訴えを続けていきましょう


                           (岐阜県本巣市)

2008年7月30日 (水)

にじみ出る芸術的?センス

049

白とグレイの2色の配色バランス、

色使いの微妙な按配は何とも説明できません

大きな広告看板が設置されるまでの期間限定の特別公開作品ですゾ

庇まで細かく塗り分けているところなんかは、こだわりが感じられます

手前左側はムラが出ちゃいました、少々お疲れかな?

                               (岐阜県恵那市)

2008年7月29日 (火)

珍奇なる2階建てポスト見っけ!

014_2 

アハハ、なにコレ?

よく見るとポストだ!

よくできてるよ、色使いもなかなか渋いし、

格子にさりげない花を飾ってさすが城下町だわ

で、ハガキとかはどこから入れるの?

郵便配達のおっちゃん、きっと悩んでしまうよ

              (岐阜県恵那市岩村町)

2008年7月24日 (木)

老いに鞭打ってまだ頑張る!

まだまだ負けんぞ!

051

7月1日から全国でtasupo(タスポ)がないとたばこ自販機では買えないらしい

でも、どっこい!俺たち兄弟こうして7月中旬でも活躍中だ!

アニキはさすがにくたびれてるけど、まだまだ若いもんに負けんぞ!

リースと違って個人所有の自販機はタスポ取り付けに約12万円自己負担がかかるのでそのままなんだ

本当は撤去しなきゃならないらしいけど、こっそり使ってます、ハイ

近頃、お上は何かと年寄りをいじめてばっかりだもんね

これくらいは抵抗してやろうとおもってさ

                                (岐阜県恵那市)

2008年7月23日 (水)

踊る駅名?

確かに「踊る駅」です

001_2

郡上おどり?阿波おどり?

なになに「ヒサヤおどり」だって?

確かに地下鉄の英語の車内放送でもそう言ってますね

なんか、英語って奇妙ですよ

002

正解は桜通線の「久屋大通」でした

どうして「ひさやおおどおり」が英語表現だと「ヒサヤオドリ」になってしまうんですか

ガイジンも正しい日本語を覚えましょう

                          (名古屋市)

2008年7月21日 (月)

小さな小さなお祭ですが‥

東海地方も梅雨が明けて、めまいがするほどの暑さが続く

京都祇園祭など夏祭りも各地で行われている

この時期の祭りは、旧暦6月で蒸し暑い梅雨に体調を崩しやすいから
疫病を追っ払う意味での行事も多いのだ

お祭といってもごく狭い町内でのおまつりなど全国いたるところで行われている

たとえそれが長いこと伝統的に続いているとしてもなかなか知ることはすくない

安八郡神戸町といえば、なんと言っても「日吉神社の火祭り」が有名だ

その日吉神社に隣接する町内が「井田」である

昨日(7月20日)の宵に行われた天王社祭を紹介しましょう

親しみを込めて「天王さんまつり」ともいわれていますが

このまつりの特徴は「造り物」と呼ばれるユニークな作品が展示されることである

019

町内の中心にある小さな神社が「天王社」
祭神は、牛頭天王であろう

町内の入り口にはこんな看板があった

027

午後5時から開かれるが、7時も過ぎれば提灯に灯がついて祭ムードが漂う

車1台がやっとという狭い町並みが今夜は人で久しぶりに賑やか

031

町内で7つの班がいわゆる「造り物」をそれぞれ発表展示される

まずは「機関車・トーマス」だ

003

材料はすべて日常品を組み合わせて造ってある

カーテンレール、灰皿、靴べら、キッチンたわし、ゴミ箱、ガーデニングの柵

040

その他、物干しバサミ、空き缶などだ

なかなかの傑作だ

つぎが「みこし」だ

007

日吉神社のみこしが見事にできている

屋根が蝿帳、胴はスーパーの籠、赤い鈴縄は自転車の紐、担ぎ棒はプラ製箱
右の紅白の羽はたいまつを模したもので
日吉神社の重厚な神輿の雰囲気がよく出ている

制作に携わった人に聞くと100円ショップへ何回も行ってイメージにあう雑貨を調達してくるとのこと

ぴったりの品が見つかるとヤッタ!これだ!と嬉しくなるらしい

次は「やさいとくだもの

023

メロンは桶と箸箱、紐 トマトは手袋に桶、
トウモロコシは健康サンダルに掃け、茄子は折りたたみ傘だ

それらしく見えるから面白い

つぎは「アゲハ蝶

009

2つの扇子とはりがねのタワシなどが組み合わせてある

つぎが「住吉燈台」だ

016

ご存知の大垣の船町の川湊にある住吉燈台

箱やら籠、蚊帳やら利用して情緒あふれる作品だ

次は「ひょうたん

025

瓶を4つ上下に利用してなかなかのもの

右のひょうたんはホンモノです

養老の名物は昔から「ひょうたん」ですよ

そして、最後の7つ目は「あやめ

012

白い花は何でしょう? コーヒーカップのふたチリレンゲ、ペットボトルなどです

茎は物を束ねるものを利用してありアイデアが素晴らしい!

制作されたおじさんに聞いて見ると実物を取り出して詳しく説明してくださった

2ヶ月くらい考えてあれこれ試したそうである
ここ2年ぐらいは花の作品をだしているそうです

この7つのうち最も印象が深かった作品を投票で決めているとのことでした

この行事は江戸時代の文政年間から続いているそうで、めずらしい祭だ

とにかく金物や漆器など日用品を使うことが原則らしい

質素な生活の中から皆でアイデアをだして作品に仕上げる楽しみ

庶民文化はこうしたところにあるのかもしれない

044

そして年に1晩だけのお祭の夜、子供たちは浴衣を着て大人と造り物を見て
楽しむ。そして蒸し暑い夏を乗り切ることを祈るのだ

ふうせんつり、いかやき、などもあって子供たちの元気な声が響く

無病息災を祈る天王社の祭り

なかなか楽しいものです

2008年7月19日 (土)

ああ!大垣駅

今、大垣スイトピアセンターでは
「鉄道と交通のまち」大垣というテーマで5人の先賢展が開かれている。
003
                                         (大垣市スイトピアセンター)

これは、大垣市制90周年記念事業のひとつで
「大垣ルネサンス先賢フェスティバル」の夏のイベントとして開かれているもの

ポスターが大垣駅や名古屋駅でもみられる

020

ここでは、主に西濃地方に関わる鉄道事業における
明治のパイオニア的な人が紹介されている

松本荘一郎
野村龍太郎
立川勇次郎
那波光雄

それに芭蕉と交流があった江戸期の谷木因

谷木因以外はほとんど知らないが、
わずかに立川勇次郎が養老駅前に記念碑が立てられているので
知っている人がいるかもしれない

会場に出かけた

001_2


休日は子供連れが多く賑わっている
展示そのものはほとんど興味は示さずペーパークラフト、オリジナル乗り物Tシャツ
作り、鉄道模型などのイベントに人気が高い

先賢展をみているのはほとんど中高年だ

写真、年表、パネル展示、資料として手紙、日記、図面、辞令などが並べられているが
松本が米国留学中に勉強した英語の練習ノートや明治の逓信省のボーナス給付辞令など
面白いものも展示されている

しかし、画家や小説家といった文化人とは違い
技術者というとなかなか残してある遺品など少ないし
何を持ってその人の生きざまや性格、人間味を表現できるかはかなり難しい

彼ら自身がこうした功績がたたえられるとは考えていなかっただろうからだ
技術者が残したもの、
それは、橋梁や駅舎などハードなものが作品であり
技術革新や老朽化に伴って消えていくものだからほとんど残らない

これだけの展示で人柄や業績を理解することは困難だろう

私が面白いと思ったのは、先賢展にあわせての大垣駅の沿革を紹介したコーナーだ

025
                            (昭和61年建設の現在の大垣駅ビル) 

大垣駅は明治17年5月に開業した

名古屋や岐阜よりも早く鉄道がやってきたのだ
滋賀県の長浜から関ヶ原、そして大垣まで布設されたのだ

つまり、西から延長されてきたのだ

なぜ長浜だったか?
これは大阪から京都さらに大津まで建設され、
大津からは長浜まで琵琶湖を汽船で運行されたからである

その先は長浜から敦賀まで布設して日本海へとつながる計画だった
さらには長浜から東に延びて大垣までつなげたというわけだ

2004113_061
                 (長浜市の旧長浜駅舎)

明治5年に新橋~横浜間が日本で始め開通し、順次広げられていったが
面白いことに明治人の鉄道建設に対しては、
船運を利用するという考えが色濃く残っていたようだ

002
                   (スイトピアセンター)

大垣まで繋げば大垣~桑名間は船で揖斐川を利用できるから、というもの
実際に明治16年2月から大垣・桑名間を濃勢汽船が運行した

写真は明治23年当時の案内板で毎日2回運行しており
大垣から桑名まで3時間、桑名から大垣へは5時間かかっていた

明治政府は、莫大な鉄道建設資金不足に悩み、
木曽三川などの橋梁技術の進展などで
ようやく明治22年に東海道線が全通したのであった

現在の大垣駅はそれから5代目になり昭和61年に竣工している
その前の4代目は昭和15年から45年間利用されてきた

私にとってなつかしいのはなんと言ってもひとつ前の4代目だろう

鉄筋コンクリートのひんやりした駅舎で木造の長椅子、切符売り場
鉄パイプで囲われた改札口、駅の大時計などまさに昭和の時代がよみがえる

パネル展示にあった昭和27年当時を写した待合室風景
「お買い物は大垣マルブツへ」「金蝶饅頭」「酒は玉泉堂酒造」の看板がみえる

切符売り場の格子のある窓口、電々公社公衆電話マークの扉がついたボックス

駅前にあった噴水池は亀が一杯いたなあ
持ち込んだ人の名が甲羅にペンキで書いてあったような気がする

当時の大時計が実物展示してある
ガラスにヒビが入って長く活躍してきたのだ

実になつかしい

009_3

昭和30年6月には大垣~豊橋間に初の電車運転

昭和38年には修学旅行専用電車「こまどり号」に乗って大垣から東京へ行った
そして今はなき日劇で黒澤明の「天国と地獄」を見た
強烈な印象が今でも残っており決して忘れていない

昭和39年は井沢八郎の「ああ上野駅」が大ヒット!
「どこかに故郷の香りをのせて 入る列車のなつかしさ
上野は俺らの心の駅だ くじけちゃならない人生が
あの日 ここから始まった」

007

大垣駅だって我らには心の駅だと思う

旧駅舎は多くの西濃の人にとって人生のスタートであり別れでもあった

昭和62年4月 国鉄が民営分割化されJR東海となった

そして平成もはや20年だ
昭和の時代が風景と共に薄れていく

でもときどき、駅や街の風景のなかに懐かしい昭和を見つけたりすると
なぜか心が和むような気がするのは私だけだろうか

なお、この展示は7月27日(日)まで開かれてますよ!

2008年7月18日 (金)

雨降って‥

台風の影響か朝から強い雨が降ってきた

昼前にはやっと止んで空がやや明るくなった

激しい雨の中、家の周りを見回ると雨水が池のようになっていた
心配していたが、雨が上がるとほとんど消えた

土というものはありがたいものである
ゆっくりゆっくり水を地中に吸い込んでいってくれる

001

連日30度を超す暑さとこうした雨は植物には絶好の恵みとなるのか

わが家には槙の木3本と小さな庭木が数本あるが、とてもお庭といったものではない

それでも自己流の手入れをしなきゃならん

困るのは雑草である
草をとっても、あっという間にまた生えてくる

ほって置くと好き勝手に伸びるは、伸びるは。

かといって除草剤をやるのもはばかられるし

雑草には多くの生き物が集まる
ミミズ、トカゲ、蚊、蜘蛛、蝶そのほか名前も知らぬ虫たち

連れあいが何とかしてよ、というが
こまめに雑草を抜き取るしかない

005

場所によっては雑草の天下である

困ったなあ、と思っていたら
最近、雑誌「サライ」に堀 文子さんがこんなことを書いていた
すこし長いけど引用しよう

「‥(中略)‥どこの町の草むらにも道端にも見かける草が、
私の庭を気に入ってくれたのが嬉しい。

雑草と呼ばれるこの草達の目立たぬ地味な姿をさげすみ、
見つけ次第抜き捨てる人は多い。

何百年も人に踏まれ、愛される事のなかった雑草達。

その悲運にへこたれず、いじめに負けず己を鍛え強く逞しく生き続けた。

水やりもされず、肥料も貰わず、暑い日向も日陰もいとわず、
わずかの土を見つければ根を張った草達。

目立たないが、花も葉も立ち姿も整然としたリズムを奏でる愛らしい姿を、
しみじみと見詰める事のなかった人間。

花屋で売られず、人の慰み物にならなかった事を誇りとし、
踏まれる度に自分を鍛えた雑草の自立の姿に
私はひかれるのだ。‥(中略)‥

こんな花達を雑草と呼び蔑んだ人間の傲りを、はずかしく思わずには居られない」

スゴイ!

こんな思いができるなんて仏さまのような人だ。

生きているものすべてにこうした温かいまなざしを送ることができるなんて

私らは、余りにも自分のことだけしか考えない
余裕のないギスギスした日常からはとても生まれにくい

かといって、雑草を愛でよ、取るなということではないだろう

ここにも、小さな命があり懸命に生きているという気づきが大切なんだろう

これからは、「ごめんね。ごめんなさい」と心で唱えながら草取りをしようと思う

2008年7月15日 (火)

今年もつばめがやって来て

連日、唸るような暑さで寝不足だ

明け方は元気な鳥の鳴き声で起こされることがしばしばだ

006

今年も6月はじめ頃だったかツバメがわが家にやってきた
昨年から三つある巣のうちのひとつをチャッカリ拝借して住みだした

それから補修をずいぶんやっていたようだ
最近になって子ツバメの声がかしましくなった

私が巣に近づくと「チチチチ!」と大きく騒ぎ、頭上を飛んで威嚇するのだ
悪さをされるとでも思うのか神経質になっているようだ

時折、スズメや鳩が近くに飛んできてツバメを怒らせている

003

昨日、事件が起きた

子ツバメがひとつ巣から落ちたらしい
自分から落ちてしまったのか、それとも他のに落とされたのか不明だ

過失か、それとも意識的に落とそうとしたのか
一度落とされたものはもはやすに戻れまい

その後、どうなったのか確かめてはいない

ところで、わが家へきたツバメは昨年の子供だろうか
ふと疑問に思う

遠く海を隔てた東南アジアからやって来て岐阜県の西濃地方ですごすツバメ
なにか縄張りのようなものがあるのだろうか

010

ツバメが電線に止まって「チチチ」「チチ」と騒いでいると
意味は分からなくてもお互いにコミュニケーションしているのがわかる

なんとなく微笑ましい光景でもありますね

ツバメが来る家は幸福な家だと昔からの言い伝えがあります
玄関先や軒下に巣をつくるのは害鳥やら災害から逃れるための知恵でした

でも、最近の住宅事情や潔癖症的人間の傾向からか
軒先での巣作りは困難になってます

大垣駅北口の天井にも巣がありました

そこしかなかったのか、そこが安全と判断したのか分かりませんが‥

こんなツバメの話ができるのはあと何年でしょうか?

鳥インフルエンザがツバメにもなんてなりゃ世の中お仕舞いですよね


2008年7月13日 (日)

あまりに大胆な!

040

オイオイ!待ってよ!

いくら暑いからって、水着まで脱いじゃって!!

全裸状態でもって、ポーズまでつけて!

責任者でてこ~い!

ま、いっか。

世の中、何でもあり!だもんね

それにしても、ムー‥

ありゃ? おりゃ?

040_2

ナンダ、よく見りゃマネキンさんですか

それにしても何か着けてやってくださいよね

見るほうもチョット恥ずかしい(汗タラー)

                        (岐阜県本巣市)

2008年7月11日 (金)

にしみのスーパー戦争・その後

西美濃地方がスーパーの激戦地帯であることは確かである
寄せ集めてもたかだか人口80万程度の地方に
大型スーパーと食品系スーパーが群がって熱い闘いを繰り広げている

モレラ岐阜
リバーサイドモール
アクアウォーク
ロックシティ
イオン大垣などの大規模店舗

トミダヤ、バロー、サンシンなど食品スーパー系

毎日のように新聞折り込み広告が入る

最近の原油価格の急激な値上がり、
原材料の高騰による食品の値上げラッシュが続き
先行き不透明な状況のなか、
スーパー戦争はどうなっているのか

とくに今回、北部地域を中心に見てみよう

021

リバーサイドモール、通称リバモに出かけた

平日とあって車は少ない。
滋賀や小牧ナンバーのちらほらあるが95%は岐阜ナンバーだ

023

とにかく人が少ない

閑散としている、家族連れがほとんどいない

見かけるのは若い女性と、あるいはペアカップルが少し

025

リバモの看板でもある観覧車が無人で回り続けているのが寂しそうだ

026

モール館に行って驚いた
2階に並んでいた店がほとんどない!
レストラン街が消えていたのだ!

「今秋リニューアルオープン」とあるが目途はついているのだろうか

さすがにシネコンがある本館はアウトレットの店が充実しており平日とはいえそれなりに人はいる

レジャー系の映画、温泉、スポーツ、アミューズメント施設が入って
さらにアウトレットでのショッピングと構成はそれほど悪くはない。

しかし、土日以外は人が来ないのだ

急速な不景気風が心理的にもやはり消費を押さえさせているのだろうな

027
空き店舗にはこんな神社が鎮座しておりました
ごりやく神社、縁結神社があって‥

なんだか可笑しいような哀しいような‥

とにかく大勢の人が来なきゃどうにもなりません

お店側も必死で「神頼み」しかないのでしょうか

土日のイベントで人を呼ぶだけでは経営はやはり苦しいと思う

045

さて、こちらは、「リバモ」よりもう少し北に位置する「モレラ岐阜」だ

平日とあってやはり車は少ない
無料駐車場5000台完備も暑い日差しにうんざり

042

こちらは建物全体が冷房されてあるのでそれなりに人は来ている
家族連れや赤ちゃんをつれた若いママも見かけて
過ごしやすいのかもしれない

一見すると順調で問題がないようにもみえるが‥

いつの間にか2階の書店「旭屋書店」が撤退しており「ザ・リブレット」という
書店になっていた

大阪の大手書店もやはり採算が取れなかったのか

036

さらに問題があった。

やはり「リバモ」のような風景があったのだ

レストラン街は健在だが空きが目立つのだ

四店舗ほどが空いている

038

「ただいま リフレッシュ中‥」の文字がさみしい

これがいつ埋まるのか書かれていないのだ

もちろん放置されているわけではない
入店交渉が続けられているには違いない

しかし、レストランとなるとなかなか採算が取れるのかが難しい
従業員の人手不足もある

こうして北部の大型スーパーふたつを見てもかなり苦しい状況になっている

アクアもロックなど他の店でも多かれ少なかれこうした問題に頭を抱えていることだろう


食品系スーパーでも戦争は激化している

その中で元気なのが「バロー」である

昨日「バロー揖斐川店」がオープンした
近くには「トミダヤ揖斐川店」がありパイの取り合いとなること必死だ

さらに池田町にはバロー、トミダヤに加えサンシン、マックスバリューがあって
安売り、特価の激戦区だ

トミダヤ穂積店が閉店を余儀なくされたし
どこみても明日が分からない

食品など日常の買い物は近くで済ませることになるが
ほとんどの主婦層はマイカーを持っているから
「日曜朝市」や「水曜特売」などやると駐車場は満車状態

それが逆に経営を苦しくする
まさに、生きるか死ぬかのスーパー戦争である

今も昔も、
西美濃地方は日本の明日を決する勢力同士が闘う最前線なのだ

2008年7月 9日 (水)

ギョ!都会の化石・発見!か

何ですか、コレは?

2_015

これはいったい古代の化石なのか

サンゴか、フズリナかそれとも?

奇妙な形だ

2_018

別の形も発見!

ますます不思議な物体だぞ!

2_021

アレレ、これはチョット違う

何だか日本の本州みたいでもあるし

犬の姿のようにも見えるが?

2_020

この3というナンバーが謎を解くカギだった

最近、都会のデパートなどの壁に見られる化石かと思ったが

ザンネン!

これはただの靴跡でした

多くの人がこの階段を上がり降りしてつけられた跡なのです

何十年を経て自然に出来上がった形です

言わば人間の残した化石なのです

多くの人が通って行った人生の汗と涙とパワーの結晶がこれです

このビルも肉体疲労を起こしています

あなたのビルにもこんなのありませんか

『過去は過去ではなく そのまま現在である』

いろいろな意味で

宮本常一のことばの味が深く伝わります

                   (名古屋市内のビル)

2008年7月 5日 (土)

またまた毛虫が大発生!

わが家の柿の木に今年も毛虫が大発生してしまった

018

今日はホントに暑かった
家の中にいても汗が自然にタラタラ落ちてくる
部屋の温度計は32度だ

四国でははやくも梅雨明けとなったようだが
例年だとまだまだ梅雨が続くはずだが、今年は早いかもしれないね

わが家にある2本の柿木は60年以上の老木である
祖父が植えたものらしい
ほとんどこれといった手入れはしたことがなかった

せいぜい年末の剪定と春の消毒程度でほったらかし状態だ
それでも毎年少しは柿が実って味もまあまあだった

しかし、2年前に毛虫が大量発生し、昨年も同じで丸坊主状態になり
収穫ゼロとなった

そして今年、私が体調をこわし消毒をやらなかったせいもあって大量の
毛虫発生となった

015

6月の末に発見してから、長い枝切りバサミで虫食った枝を切り落としては
毛虫を足で殺すという原始的かつ気長的手法で退治したのだが‥

調べてみるとどうやらアメリカシロヒトリというやっかいな害虫らしい
刺されるなどの毒虫ではないが葉っぱを食い尽くしてしまうらしい

タイマツのようにして炎で落としてみたがどうしても残ってしまう

それで今日も少し原始的手法で踏み潰していたが100%処理は無理だナ
おまけにイラガという刺されるとムチャ痛い毒虫も発見した

どうしたらいいのか

こうなったら柿木を切り倒すしかないのかネ

ホント、庭木とか果樹はやっかいだね
草は生えるし、毎年剪定してもどんどん伸びるし
手入れが好きな人はいいけど
数本あるだけでもけっこう大変だよ

無農薬とか自然にやさしいとか環境問題もあるけど
ほっておくと蚊、毛虫、蜘蛛、なんていくらでも発生するからね

困ったことですわ






2008年7月 1日 (火)

患者さんに笑いを!

わたくし、花の名前にはトンと疎くて、タンポポ、チューリップやアジサイ、ヒマワリ程度しか
わかりませんです、ハイ

で、ある病院の敷地にこんなのを見かけました

027

この花はなんだろうか?
どんな花が咲くのだろうか?
なんて考えてました
すると、

026

はあ!
「しらん?」だと!
ふざけるな!

あ、紫蘭のことね!
はい!
ナットク!

思わず可笑しくてニヤニヤしてしまいました
そしたら今度は目の前に

024

こんなのが目に入ってきました
「クス!」

なに、この偶然は?

それとも、何かと憂鬱な患者さんのために
少しでも明るい話題を提供しましょうと
お馬鹿センス抜群の事務員さんが考え出したのかな?

                  (名古屋市内で)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ