« [○○の品格]バーゲンセールだ! | トップページ | スッキリとモヤモヤ? »

2008年1月25日 (金)

冬枯れの近江八幡

ようやく本格的な冬という感じだ

雪が降る、と何度も予報されながら西美濃では降らない
今日あたりは、池田山や小島山など北の方では
いかにも雪が降っているようだが、平野では降っていない

でも、風は相当冷たい

先日のこと、久しぶりに滋賀県・近江八幡へ行った
名神高速・八日市IC下車して西に走る

JR東海道線を過ぎると八幡山が眼の前だ

めざすは、そのふもとにある日牟礼八幡宮だ
003
大きな鳥居、しかも木造だ

002
八幡宮の前の駐車場に車を止める
平日とあって、ガラガラの状態だ

まずは、八幡宮を参拝する
001
静寂があたりを包んでいる
参拝客は、ほかに中年の男性一名のみ

さりげなく節分祭のお知らせが張ってある

日牟礼(ひむれ)八幡となかなか読めない
近江商人の信仰が厚いといわれている

もともと近江八幡は、豊臣秀次がここに城を設け
全長6キロの掘割を作り
琵琶湖を通行する船は必ずこの港に寄り
一種の税金を支払わせたことから発展した

もちろん秀吉の甥として関白まで上りつめたのだが
秀頼が生まれてからはことごとく秀吉に疎まれて自害させられた

町は一時は衰退したが、
その後、日本中を又にした近江商人の町として江戸時代は発展した

「八幡堀」は観光パンフレットに必ず登場する
でも、なにかが違う
いつもの雰囲気が失われている

冬枯れなのだろうか

029
遊歩道を歩いている人、
あるいはスケッチをしている人
屋形船が浮かび賑やかなときが多いのに
この冷え切った空気はなんだ!

オフシーズンとはいえ寒々としている

006
鳥居を抜けて、白雲館を通り
旧西川家住宅、郷土資料館などあるが
今日はどこも素通りだ

こんな季節はいつもとは違った歩き方で街をみよう

ふだん行かないようなところまで行ったりするんだ

008
この「朝鮮人街道」というのは
琵琶湖沿いの街道で「朝鮮通信使」が通った道からつけられた

というのも中山道は草津、守山を経て、
武佐宿から少し琵琶湖から離れている
このため近江八幡を通る道がこう呼ばれるようになったらしい

009
小幡町通りを渡り京街道商店街を歩く
さすがに、観光客はここまでは来ない

アーケード下は人がいない
どの店も廃業か休みかシャッターが下りたりして活気がない
どの中小都市もこれが実態だ
疲弊した地方都市の現状だ

かつて、昭和30年代ころだろうか
随分賑わっていたはずの街が今や死んでしまった

011
これは冬枯れではない
商店街として機能しなくなっている

歩いていても、まるで動いている気配がない

018
なつかしい雰囲気の電気屋さんがあった
これこそ、「町の電気やさん」のイメージで
かつてはよくお世話になったことだろう

松下電器の名が消え、パナソニックに変わるらしい
時代を支えた町の電気やさんを切り捨てていくんだろうか

026
再び、八幡掘に戻り観光用に整備された歩道を歩く
どこを見ても人がいないのは寂しい

大都会に人が集まり、こうした地方都市は観光でしか
集まらなくなったのだろうか

027
静かな旧い屋敷を通る
多分老人夫婦だけで住んでいるのだろう

030
寒さも手伝って、身も心も切なくなってきた
昼も過ぎているのでまた日牟礼八幡まで戻る

有名な「たねや」でお昼にする
さすがここだけは、人が多い
「季節のおうどん」を注文する
032
にゅうめんのような細いうどんで美味かった
最初に「きなこ餅」が出て
食後にも「豆羊羹」が出たのは嬉しかった
さすがに有名和菓子屋だけありますな

帰りは向かいにあるたねやの洋菓子部「クラブ・ハリエ」で
バウムクーヘンを買った

この店もおばさんやときどき若い女性がグループで来て
ワイワイ騒いで買っていく

まあ、ここだけは冬枯れから縁遠いような空気でした

私としては、「和た与」の丁稚ようかんも好きだし
アンデルセンのチーズケーキも好きですが
今回は止めました

本当に春が来るのが待ち遠しい近江八幡でしたね

« [○○の品格]バーゲンセールだ! | トップページ | スッキリとモヤモヤ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/10068850

この記事へのトラックバック一覧です: 冬枯れの近江八幡:

« [○○の品格]バーゲンセールだ! | トップページ | スッキリとモヤモヤ? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ