« 旧暦ブームが来るか(1)? | トップページ | 2008年 明けましておめでとう! »

2007年12月31日 (月)

今年もありがとう!

大晦日の西美濃の天気は
雪の予想が少しはずれて
ときどき晴れ間も見える寒い日だった

もちろん、池田山は雪雲に覆われ
ひゅーひゅーと電線がうなりをあげて
パラパラと雪が少し飛んでくるような天気

例年、師走には2,3度はやってくる空模様なのだ

一方、
海外で正月を送る家族連れや
ふるさとで正月を楽しもうという若い家族たちが
嬉しそうにインタビューされる
おなじみの風景がテレビで映し出される

毎年、この風景を羨ましいやら、
帰省ラッシュご苦労なこった、それでも帰りたいのやな
など複雑な想いを持って観ている私なのだ

今年の年末のくらしぶり
(1)
年賀状
年賀状は、例年の場合28日から30日位でやっと投函するのだが
今年はなんと21日に投函完了だった
異例の速さである

郵政民営化で「元旦にもらってうれしい年賀状」
にはやし立てられたわけだはないが
思った以上にスムーズに進行したわけです
年賀状を出す相手の選択には毎年苦慮しますよね

もう止めたい、と決意してやめる
でも相手から送られてくると、「お尻まくり」でお返しします
で、結局、次の年また出してしまいますので
止められないのです

(2)
お餅つき
毎年自宅で餅をつきます
といっても、杵で餅をつくことはしません
「餅っ子」という便利な電気調理器具です

親父のいた頃は、近所の数軒で一緒に餅をつきました
4人一組で杵をポンポンと調子よく打っては休み
手返しをしてまたつく
そうした光景を子供の頃よくみていました
寒い冬に農家の土間で湯気がもやもやと立ち威勢よい掛け声
そしてもち米の美味そうな臭いがなんとも懐かしい

時代が変わって飽食で餅そのものが珍しくなく
それほど食べたいわけでもない贅沢な今日
お正月の行事としての「お雑煮」のための餅つき

便利な機械の餅つき機で1升餅を3つつきました
もち米を6時間水につけ、水上げして20分後に機械に入れ
蒸すこと40分、15分つくとお餅の出来上がりだ

お飾り餅を7つつくりあとは切り餅用で四角に伸ばす
あくる朝、包丁で切り餅にして冷蔵庫で保存する

こんな作業は昔なら一大イベントで準備が大変だった
しかし、今では一日でOKで、28日や30日につくことが多い
29日は「苦モチ」とも言われ嫌われたのだが
最近は「フクモチ」といってつく場合もあるから気の持ちようだ

(3)
お飾り
田舎の家だと大概、仏壇があるし、神棚もある
お飾りモチはそうしたところが中心だ
わが家では、神棚1、仏壇3(阿弥陀さま、親鸞さま、ご先祖さま)水神さま1、床の間1、玄関1の7つを飾った。
数年前まではそれにマイカーや勉強机などにも飾った
玄関にはもちろん〆飾り、神棚にはしめ縄も吊るす
神棚には伊勢神宮と日吉神社の御札が新しく入れ替える
お墓にも花をお供えする
けっこうこれらの準備が忙しい

(4)
掛け軸
お正月のふさわしいものに掛け替える
最近は「徳川家康公遺訓」が掛けてあった
今年は「虎」の掛け軸にしてみた
お宝鑑定団のような値打ちモノは一切ない

(5)
大掃除
以前は、窓ガラスふき、部屋掃除、玄関そうじ、など大変だった
何日もかけて掃除をした
今年の場合、年末にいろいろなことが重なったこともあって
掃除はほとんどやらなかった
年が改まる、」ということに対する新鮮さが
だんだん薄れてきているのも確かなことで
切り替わっていかないもどかしさ
ずるずると引き延ばしていくだけのようなだらしなさ
「お掃除のする」心とはそういう想いを断ち切る行動かもしれない

(6)
お買い物
年末はどこもかしこも買い物客で一杯だ
お正月準備用品、家族団らんのための食品、冬対策用品など
2割引き、半額セールなど食品スーパーを中心にした
西美濃年末戦争はスゴイぞ
アクアがさらに加わっていまや共倒れの恐れ

わが家はそれに逆らったわけでないが「ヤナゲン」で挽き売りコーヒー豆
、大垣駅前寿司「にしき」でにぎり寿司、アピオ食品館で年越しそば、モチ菜などユタカドラッグでパンシロン、酔い止め、スーパー三心でインスタントカレー、おせち、ブリ、漬物、なんかを購入した

もちろん昨日もアクアのアピタで食料品を購入しているし
リオワールドでもお酒や衣料品を買った
バロー資材館で石油ストーブを買った

なんだかんだ言っても西美濃スーパー戦争はわれわれに利便性を与え
買い物には不自由しない環境ができてよかった

困っているのは既存の商店街だ
この歳末商戦を見る限り苦戦していることは明白だ
今日の大垣駅前商店街の寂しさに引き換え
北口はアクアウォーク客で賑わっている

(7)
今年の西美濃ニュース
なんと言ってもアクアウォークの開店と
養老鉄道の開業だろう

いずれもまだこれからどう影響するか時間をかけて見守る必要がある
また、食品の偽装表示の問題や
年金問題、民主党の躍進と自民党の混乱
サブプライムローン、石油価格高騰、食品の安全性など
事は遠い世界、あるいは中央の問題でなく、この西美濃とも深く結びついているのだ
どの問題も自分の足元から関係づけてみてくると
自分自身や家族の生きる問題につながってくることを実感する

2007年は決してよい年ではなかったかもしれないが
ほのかな明かりは見えた部分もあったかも

今年もこうしたブログを書けたことに感謝します

今年もありがとう!


« 旧暦ブームが来るか(1)? | トップページ | 2008年 明けましておめでとう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/9652154

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もありがとう!:

« 旧暦ブームが来るか(1)? | トップページ | 2008年 明けましておめでとう! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ