« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

[奥のほそ道」と大垣(2)

なぜ大垣が『奥の細道』の「むすびの地」となったのか

Img_0498

芭蕉が大垣を結びの地と決めたのは大きな理由があったのだ

まず、ひとつは大垣に「谷 木因という友人がいたことである
ところで、
その「木因」ってどういう人なの?

021
           (谷 木因像)

谷木因は大垣で回船問屋をしていた

俳諧は当時は遊びであり教養であったのだが
芭蕉の俳諧の先生・北村季吟と同門であった
つまり同級生だったのである

芭蕉とは江戸で連句を作ることもあったし
お互いに手紙のやり取りをして、
その実力を確かめあったりしたこともあり
芭蕉は木因を大いに評価していた

ところで、芭蕉は大垣に四回も訪れている

最初は、貞享元年(1684年)だ
いわゆる「野ざらし紀行」のときだ

芭蕉の母が前年亡くなったあと、
墓参のため故郷伊賀上野にも帰った
そのあと、吉野、近江などを経て美濃・大垣にやってきた

このとき、出迎えたのはもちろん、谷木因だ
大垣には他にも多くの芭蕉の門人がいたのだ
そして大歓迎を受けたのだ

このとき作ったのが

 
しにもせぬ旅寝の果よ秋の暮

木因は商いや遊びを通じて深い繋がりがあった
名古屋の俳人たちと芭蕉と引き合わせたりして
大いに尾張蕉門の繁栄に貢献している

こうして、名古屋では『冬の日』という歌仙が作られている
大きな成果だった

015
                   (水門川)

ふたつめは、やはり大垣が交通の要であったことだろう

これは、今の感覚からすると意外な感じがする
しかし、電車や自動車が全くなかった時代を考えてみよう

歩くしかなかった時代に船は、唯一の大量輸送手段であったのだ
海ばかりではなく、川はその重要な交通路だった

大垣は、水門川、杭瀬川、牧田川などから揖斐川に入り
桑名に出て、さらに熱田の宮に至るコースが幹線としてあり
人や荷物が運ばれていた

また、大垣から西へ垂井、関ヶ原の陸路を経て
米原の朝妻港へ運ばれ琵琶湖から大津、または長浜、北陸へと
物資が輸送されていた

だから、江戸幕府も岐阜よりも大垣を重視し
戸田10万石大名を配置して西国からの備えとしたのだ


016
            ( 住吉灯台)

その大垣の要が船町港であり、美濃路、中仙道とも通じて
人・物資が行き交っていた

船町港の回船問屋を営んでいたのが、谷木因だった

Img_0590

大垣には木因のほか近藤如行、など蕉門の弟子が多くいた
こうした人たちがいることの安堵感が
長い旅路「おくの細道」の結びの地として
大垣を選んだと思われるのだ

                 (続きは次回にまた)





そしてそして

2007年10月23日 (火)

アクアウォーク大垣 本日 プレオープン!

話題のアクアウォーク大垣が今日プレオープン!

近隣にお住まいのお客さまだけ、一足早くご招待!
なんて、新聞の折込広告につられて
通勤の帰宅帰りにチョット立ち寄ってみた

006

なんとなく、ワクワクしながら初めて店内に入る

第一印象は、「なんか狭いな!」
という感じかな

モレラ岐阜やイオン大垣、リバーサイドモールに比べると
通路が狭いし、ゆとりがない

005
で、その分を天井で変化をつけたのかな?
ドーム状に青い光はなかなかいいぞ

004
2階までの吹き抜けに長い回廊に店が続くデザインは
今や珍しくなく当たり前になっている

屋台や市場のようなショッピングをする楽しさや
いろいろな店が次々と目線に入る
意外性とかドキドキ感を演出する

002
2階にも上がってみる
やはり、全体的には狭い印象だし
歩いてみてもすぐ通りはぶつかる
ウォークと名が恥ずかしいほど、短い!

001

今回、いちばん期待していたのが本屋だ
「アカデミア」の名は全く知らなかった

今回の売りは書店+ツーリスト+カフェの一体型
少し見ただけなのでわからないが
ここはじっくり体験したいところだ

007
レストラン、ファーストフードなどは初進出の店もある
でも、「スガキヤ」があったから安心(笑)

きょうはとにかく見学者的にぐるりと30分程度だったから
詳しいことは分からない

きょうの大垣駅周辺はやはり渋滞した
JR大垣駅もなんとなくざわざわしていた

お店関係のバイヤーや取引先の業者らしき人も
多く見かけた

本番の27日に向けて店側も対応策を考えるのだろう

イオンやモレラ、ロックタウンなどに比較して
それほど新鮮な驚きはない

むしろ、期待はずれ?かも

まだ見えてない部分もあるから
じっくり見ていきましょうや!

今日のところは
狭いところにいろいろぎっしり押し込んでみたという印象かな
そういうゴタゴタ感もいいかもしれないぞ!

それよりも、JR駅に隣接したアクセスが
これから、どう影響するか見ものである

とにかく、期待を裏切るなよ!

2007年10月21日 (日)

どうみても無理やりじゃないの!

嫌がっているとしか見えませんが、いいのですか?

008
帽子をかぶった一見紳士的にみえる男が
少女の手をひっぱり、連れて行こうとする

これは、誘拐防止キャンぺーンではありません

れっきとした、大手スーパーの駐車場の入り口に
こんな看板がありました

そういえば、バイクに乗っている男もなんか怪しそうですね

しかし、誰も気付く人はいません

交通整理の人も、もちろん何も感じていないようです

笑っているのは、私だけ?

でも、なんか可笑しい!

         (京都市伏見区で見つけました)

2007年10月20日 (土)

赤福、復活?

赤福が、はや復活か!

002

おやや?よくみると
「名福餅」だって!

なに、これ、赤福じゃない!
御福餅でもない!

第三の御餅が登場した!
いや、どうやら、これは以前から販売されていたらしいね

名古屋の業者が製造していて、
これは名神高速の多賀SAで見つけました

御福餅にしたって、名称、容器包装、菓子の形、色、味
同じような類似品だ

今回の赤福騒動で、脚光をあびているらしい?

あの赤福は今や伊勢名物から
全国区へ飛び出してしまいました

近鉄沿線ではどこでも売っているし
名古屋、京都、大阪のデパートでは売り上げも良いらしいし

で、赤福は「みやげ」から日常的な和菓子になったしまった

私のうちでも、別に伊勢参拝にいかなくても 
たまに食べたくなるとデパートで買って帰りました

赤福に限らず、有名になれば必ず類似品は出てくる

大垣の味噌せんべいでも
金蝶まんじゅうでも
柿羊羹でも

多賀大社門前の糸切餅でも
福井の羽二重もちでも

京都のおたべでも
八橋でも

とにかく類似品がある

本家だ元祖だとお互い争うこともある
しかし、持ちつ持たれつだ、ともいえますね

だから、赤福騒動で御福が喜んでるかと言えば
そうでもないと思えますね

製造年月日の問題はどの食品業界でも
頭が痛くなる問題じゃないのだろうか!

飽食の時代の贅沢な悩みでもあるんじゃないの?

もったいない、まだ食べられる、という気持ちは
誰でも持っているんだからね

ウソをつくのは、よくないけど
山のように造っては捨ててしまうという
今の社会がよほど、根が深いように思えるね

リパックはゼッタイやってません
そう胸が張れる店がどれだけあるのだろうか

それより、今回の騒動で、保健所やら、厚生労働省、マスコミが
急に赤福をとんでもない奴と
非難ごうごうするのは、実にみっともない、

と、私は思いましたがどうですかね

どうでもいいけど!


2007年10月18日 (木)

「おくのほそ道」と大垣

この秋のひそかなトレンドは、「おくの細道」らしい

NHKの「街道てくてく旅」が9月から日光街道、そして奥州街道へ

今回歩くのは、現役卓球選手・四元奈生美ちゃん

BS2、BShiの朝8時の生放送だからほとんど見られないのが
残念だな

中仙道では再放送やダイジェスト版があったのに!
やはり、地元じゃないからそれほど力がはいらんのかな

今回、卓球で地元の人と交流すること、
それに毎日、俳句を読むことだ

これは、もちろん芭蕉の「奥の細道」の遊びである

まだ、テレビは数回しか観てないが
回を追うごとに演出過剰になってきて
素朴さが失われていくようでさみしいところだ

確か昨年の放映で、中仙道の関ヶ原宿あたりだったが
出会ったおばあさんが手を合わせ涙を流していたことがあった

あんなことはもう見られないだろうな


Nhk

また、同じNHKの「趣味悠々・おくのほそ道を歩こう」も
9月~10月に教育テレビで放映されている

歩くことが趣味と健康に結びつくことから
今や歩く人がとても多いのだ

全9回で、白河、松島、平泉、尾花沢、立石寺、出羽三山
象潟、親不知、敦賀である

芭蕉の旅の目的のひとつは、歌枕にある土地を訪れることだった
といわれている

私にすれば、そのこと以上に
大垣がなぜ「むすびの地」となったのか、
ということのほうが興味深いのだ

Img_0582
     (大垣・奥の細道むすびの地記念館)
江戸・千住を出て、約5ヶ月かけて、600里歩いた
大垣で旅を終えても江戸へは戻らなかったのだ

大垣・船町港から船で桑名に行き
式年遷宮の伊勢神宮、故郷の伊賀上野に帰ったのだ

Img_0590
            (大垣市・船町港跡)

芭蕉と大垣を結びつける大きな理由があった

いろんなことを考えたり想像したりして
大垣の芭蕉史跡を歩くとまた楽しい

そこらあたりの詳細はまた次回ということで!

2007年10月17日 (水)

カミさまはお怒りなのです!

106_032

なんか、懐かしい響きです

「青い山脈」「けんかえれじい」など戦後の青春映画のようですね

それにしても

高校生アベックの休憩」に限り禁止とはね?

確かに、ここは、神社の境内で私有地なんでしょうが

ちょっと宮司さんの自己主張が出てしまいましたね

最近の高校生アベックが羨ましいのでしょうか

でも、日本の神話も

イザナギ、イザナミのアベックから始まりますからね

そう、ムキにならなくてもいいんじゃないの?

                  (大垣市内にて)

2007年10月15日 (月)

数は力なりじゃ!

Dsc00373

どうです!このド迫力!
カエルがところ狭しと並んでますね

なんか不気味さも覚えます

1匹なら可愛いのでしょうがね

これは、滋賀県・木之本地蔵さんの身代わり蛙です

眼病患う人多いんですね

でも、そんなの ケロ ケロ !

033
こちらは猫!

そう、ご存知の招き猫です

右手を上げているのと
左手を上げているネコ

右手がお金を招き
左手がお客さんを招くとか

そんなことはどうでもいいけど
こうして同じポーズとられますと
何か嫌ですね

イエスかノーかしかないような決断を迫られてね!

今朝、納豆食べた人は右手
食べなかった人は左手、なんてね

それがどうした、て言いたいね

これは海津市のお千代保稲荷の参道でみつけました

030

これ、いま話題の「ひこにゃん」!

赤備の兜をかぶった猫です

彦根城築城400年祭のマスコットでえらい人気

一斉に並んで、こちらを見つめている

オイオイ、そんなに真剣になるなよ!

ウホン

どうもいけませんな!

世間と言う奴は、騒ぎ立てすぎますよ!

朝昇龍だって、亀田だって、

ハンカチ、ハニカミ、

エリカだって、赤福だってさ

そりゃ、みんなの集団の中にいりゃ安心だろうけどさ

けど、とにかく数にはうんざりだ

冷静になれない、すぐキレる

鉄道博物館がオープンだ、ドヤドヤ、超満員だ!

茶番劇だよな

とにかく数がまとまると、

モノゴトの質まで変えてしまうという恐ろしさ!

数の暴力になるか、新たな調和に発展するか?

2007年10月13日 (土)

案山子一家の記念写真だ!

051

ハイ!にっこり笑って、パチリ!

じいちゃん、ばあちゃん
とうちゃん、かあちゃん
ねえちゃん、にいちゃん
おとうと、いもうと
それにオレ、
あれ?もうひとりいるよ?
まあ、いっか!

田んぼでは、ただいま稲の収穫も済んで
俺たちも仕事が終わったよ!

だから、記念写真を撮りました

場所も、気分を変えて、田んぼじゃないところでね

ハイ、もう一枚、パチリ!

それにしても、こんな奇抜なことを思いつく人もいるんですなあ

            (関ヶ原町でみつけました)

2007年10月10日 (水)

今、はまってることは‥!

001

日が短くなってきた
午後5時30分には薄暗くなり6時でもう真っ暗だ

7時を過ぎても明るかったのが嘘のようだ
日一日と冬に向かって進んでいく

名古屋の夜は早い
大都市圏でも東京、関西とは大違い

理由は、東京などは大学生や単身の人が多く
夕食を外で済ませてから遅い時間に帰るのに対し

名古屋はどちらかと言うと自宅通学が多い
さらに交通機関がまだまだ十分ではないから
パークアンドライドのマイカー利用者の占める割合が高いこと

大垣近郊から、岐阜、名古屋への通勤、通学も多い
JR大垣から岐阜へ10分、名古屋でも35分くらい

その意味では、名古屋は近い

夕方の帰宅ラッシュは5時ころの学生から始まり
7時過ぎのサラリーマンで混雑する

私も、大垣から名古屋への通勤族の一人だ
大体、いつも同じようなスケジュールで一日が始まる

この頃、というか昔の比べて大きく変わったこと
ひとつは携帯電話の普及
もうひとつは、新聞・雑誌の講読者の激減だ

013

特に、帰りの電車内で新聞・雑誌を読む人が減った
名古屋では中日新聞を筆頭に朝日、毎日などや
中京スポーツなどの娯楽系も本当に読まなくなった

以前は、
名古屋駅のキヨスクで買い、一宮、岐阜あたりで下車する際
網棚に新聞・雑誌を捨てて帰る人が多かった

それを次の人が、拾って読むということが日常的だったが‥

いま、網棚には何もない
終点の大垣駅でもそういうゴミが減った

そもそも、読んでいる人が減ったのだ

私も、そういう一人だった
が、この頃、というかここ2~3週間ほど
異変が起きた

日経新聞の夕刊を買うようになった
けど、経済記事にはほとんど興味がない

文化・生活欄がなかなか面白いのだ
中日、朝日、毎日新聞に比べて枚数も多いから
何となく、お得感がある

「こころのサプリメント」「プロムナード」「夕刊文化」記事は
帰りの疲れた電車内では心地よい読みモノだ

ちょっとした言葉に癒されるというか
ホッとするというのか

別に日経をヨイショするわけではないが、けっこう気に入っている
その日のデキゴトを夕刊で見ても、面白くはない
殺伐とした事件報道なんかはもうケッコウです、といいたいが

テレビ「報道ステーション」「WBS」などを見たほうがまだインパクトがある

インターネットでも携帯でも、事件などの速報性は新聞より格段に早い
それに、いつでも好きなときに見られるのも便利だ

とくに最近のマスコミは、ヒステリック過ぎて報道が過熱しすぎる
これは新聞もテレビも一緒だが

もう、うんざり‥、

020

そのせいか、電車で寝ている人がかなり多い
おしゃべりするには、主婦グループか女子高生ぐらい

疲れているのだな、男も女も
だからすぐキレやすい

通勤電車は、時代を反映している

2007年10月 9日 (火)

アクアウォーク大垣 27日オープン!

にしみのスーパー戦争・最終戦がいよいよ始まるぞ!

002

10月27日(土)に開店することが発表された

アピタ大垣店と135の専門店が入る予定だ

そのうち、66店が県内初出店だとか

106_012

概観はすっかり完成し、内装工事も最終仕上げというところか

10_041

大きな看板に専門店の名も入った

106_008

駐車場は建物の周囲、3階、屋上で計1800台ほど収容できる

もちろん、JR大垣駅北口から徒歩2分だから

西美濃の大型SCの、

モレラ岐阜、リバーサイドモール、ロックシティ大垣、イオン大垣店より

集客力は強いだろうな

駅前商店街もアクア効果を期待する

106_007
          (休憩するベンチも設けられた)

これまで、大垣駅北地区は、本当に寂れていた

商店街と言えるものはなく、

やや離れた北東にバローSCがあるだけだった

北地区の開発、すなわち近江絹糸の跡地を中心にした開発計画は、

何度も挫折し続けたのだ

最初、マイカルが進出を試みたが成功しなかった

そして、今回の「アクア」も紆余曲折があった

その原因は大垣北高、大垣高校、北小中学、北球場など立地する

文教地区であるため、地元住民が教育環境の悪化、

さらに交通渋滞などを理由に大反対してきた

一時は、断念か!と思われるほど進展がなかったのだ

しかし、このままでは大垣駅前周辺地区の低落に歯止めがかからない

まさに危機的状況だった

106_006
(環境を考慮したソーラー、風力電灯)

そういう意味で、この課題をどうクリアしていくのか興味深い

うたい文句は「地域密着戦略」で

レジ袋の削減運動を市民を連携したり

地域のサークルが活動する場を提供したり

子育て支援策を応援する「垣っ子図書館」を開設したりするとか

008
  (夜になっても館内は関係業者でいっぱい)

しかし、まじめ一方ではやがて離れていくだろう

娯楽性やハレの気分を味わいたい人が期待する魅力

も創出していくことも必要だ

さらに駅前立地の特異性から地元商店街との共存共栄への道も

考慮していかねばならない

JR東海道線、養老鉄道、樽見鉄道などの電車利用客も

無視できない

プレオープンセールもあるらしいから、しばらくは眼が離せないぞ

ゾクゾク!

2007年10月 8日 (月)

過ぎたるは、‥!

106_013

何でもたくさん書けばいいってことじゃないよ

クツ、クツ、シュウリ、シュウリなんて、くどいよ!

やり過ぎは、何でもよくないヨ!

でも案外、この職人さんは無口だったりして!

JR大垣駅前で見かけました


106_033

これも、大垣では有名な金物屋?さんです

でも、合カギ、合カギと言葉の暴力!

どんな合鍵でもOKよ!

なんて、技術屋魂の自信過剰から出た行為?

それとも、合鍵を無くした経験から

合カギはゼッタイ必要です!ていう

教訓なのか、わかりませんが

これもやり過ぎでしょうな!

2007年10月 6日 (土)

心配な家族計画!

106_014

大いに迷いました

買おうか、止めるか!

必要なのはわかってますけどね!

錆びの目立つ自販機ですからね

信用問題ですよ

いくらあせっていても

運命を決めるような厳粛な気持ちで!

押してください」なんて言われても

少子化時代で失敗しても多少安心ですが

やっぱり薄給なんでね、ハイ

            (大垣市内)

2007年10月 5日 (金)

西美濃の秋!

秋らしい日がやって来ました

060

澄みわたる青空にいわし雲

すこし、ひんやりした空気

天が高く感じられ、気持ちよい季節ですね

058

彼岸花が田んぼの土手に群生しています

大垣近郊の垂井や養老あたりに多くみられる風景です

これは、美濃国分寺公園の近くで写したもの

054

関ヶ原あたりに行きますと

ススキも心地よく風になびいており

ああ、秋だなあ、といささか寂しさも感じてしまいます

夏の終わり、人のいない海岸もため息出るくらいさみしいけど

ススキというのも、また別のせつなさのような気持ちがして‥

051

伊吹山です

ただし、これは琵琶湖側、つまり長浜からみたイブキヤマ

なんて大胆な姿でしょうか

圧倒的な存在感があります

私はいつも東からみてますから、山のすそが見えません

山をいくつも越えた遠くにある神の宿る山という思いです

こんなでかい姿の伊吹山をいつも見ている

近江の人はどう感じているのでしょうかね

066

リバーサイドモールの観覧車です

秋の夜には、不思議に合うかもね

でも、

さみしい秋ばかりではありません

秋はイベントが盛りだくさん

今度のドニチは

大垣では、「10万石まつり」

岐阜では「信長まつり」

神戸町は「GO ゴー どんとこいまつり」

お祭です

騒いでみるのも一興ではないでしょうか

2007年10月 4日 (木)

波打つ階段?レレ!

012

アレレエ~ナンダ?この階段!
なんだかグジャグジャなような気がするけど?

アハハ、オレ、ヤッパ、酔ってるよな、多分!

今日は、チョッピリ飲みすぎだよな
ウン、そうだ!

ナンダ、カチョウだろうが、知るか!
ム~、
デモ、ナンカこの階段、変だな~

そんなことをワメキながら、フラフラ登っていきました

それにしても、迷惑な滑り止めですなぁ

                (大垣市)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ