« アクアウォーク大垣 オープン近し! | トップページ | 梁川星巌展・開催中! »

2007年9月24日 (月)

地産地消で安全・安心!

JAいびがわの「グリーンステーション」に行った

1_005

池田販売所は近鉄池野駅前にある
農協の倉庫を利用したこのステーション
農林産物の直売所として
近在のお年寄りには人気のスポットだ

2_006

看板にも「新鮮 安い 安全」とあるように
見てくれは少し悪いけど
新鮮な野菜類が一杯ある
朝、軽トラや自転車で運ばれてくる
もちろん、近在のお年寄りの手作りものばかりだ

3_007

生産者の写真と名前がこうしてデカデカと掲載されていて

まさに生産者の顔が見えるのだ

見えすぎて困るくらいかも

4_008

秋のお彼岸で、仏花が飛ぶように売れている

花にもよるが一束300円から400円程度だ

お盆や正月など大変だ

超満員で買いたいが買えない状況で大混雑してしまう

6_013

でかい冬瓜が250円

12_019

「いけだの森」という卵や

7_015_2
池田特産の揖斐茶のほかに

こうしたクコ茶、どくだみ茶など薬草茶も販売されている

もちろん、商品ひとつひとつには生産者の名前、価格などが

書かれたラベルが貼り付けられている

8_012

さらに手作り豆腐にこんにゃくなどもあります

5_010

こうして商品を選ぶのも楽しそうですね

11_018

しそのドリンク、赤米、健康志向品も混じってます

9_016

じゃがいも、たまねぎ、なす、きゅうりなんてものは

当たり前にあります

でも、ひん曲がったり、大きさがバラバラだったりして

スーパーやデパートでは不良品扱いで多分ダメでしょうね

10_017
どの農産物も消費者が納得して買えばいいのです

自分たちが毎日口にするものですから、やはり

生産者がきちんと責任をもってつくり、消費者に安心して

食べてもらえる喜びがここにはあるようです

ときどき、商品の補充に生産者と話す機会がありますが

みな正直なんです

それに「何分ぐらいゆでるといいよ」なんて教えてくれたりします

こうしたコミュニケーションもあってリピーターが多いんですよ

まあ、中高年がほとんどですけどね(笑)

中国産の農産物の安全性が問題になってますが

やはり、生産者の顔が見えることが大事でしょう

利益ばかりじゃダメってこと!

猫の目の農業政策では食の安全性は守れません

こうした近在のじいちゃんばあちゃん農家が生きがいの持てる

地産地消がキーワードになるかもしれませんなあ

« アクアウォーク大垣 オープン近し! | トップページ | 梁川星巌展・開催中! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/8094087

この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消で安全・安心!:

« アクアウォーク大垣 オープン近し! | トップページ | 梁川星巌展・開催中! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ