« 梁川星巌展・開催中! | トップページ | 波打つ階段?レレ! »

2007年9月30日 (日)

さらば近鉄養老線!

昨日までとは、打って変わって
雨のしょぼ降る冷たい日曜日となった
026
          (近鉄養老線・北神戸駅)

地元にとっては、哀しい日を迎えた

9月30日近鉄養老線が幕を閉じたのだ
と言っても、廃線になったわけではない

赤字路線のため、ついに私鉄大手の近鉄もついに見放したのだ

明日、10月1日からは新会社「養老鉄道株式会社」が経営を引き継ぐことになった

近鉄の100%子会社だ
赤字分のうち、3億を限度に沿線自治体が補助するらしい

それでも、不足らしく、人件費を削減し料金を改定するのだそうだ

乗客が増えればいいのだが
009
29日の土曜日の近鉄大垣駅は大賑わい
というのも、高校生がほとんど

定期券の購入手続きに来ている
大幅に値上げされるので少しでも安いうちにという
庶民的な発想である

011

なんでも、その日が来ると、人が集まり
けっこう賑わう

「でもそんなの関係ない」

コトは確実に進んでいく
逆戻りはしない、
いや、できないのだ

近鉄養老線の終着駅・揖斐駅に行ってみた

032_2

雨がぱらつき、人はまばら
静かな終焉だ

明日、電車が来ないわけじゃない
という安堵感があるのかな

鉄道マニアらしい男性が写真を撮っていた

034

記念に入場券150円を買った
台紙つき記念入場券は完売されたようだ

別にどうってことない普通の入場券だ
ただ、明日からは販売されない

028

こういう看板も出ていて確実な歴史の変遷を感じさせるなあ

大正2年、養老~池田間で開業した昔の養老鉄道

その後、鉄道拡張時代を迎え、昭和19年に近鉄養老線になった

鉄道中心から、やがて道路整備の末、自動車全盛で鉄道の衰退が始まった

岐阜県内でも、JR、名鉄などで廃線もしくは第三セクター経営の冬の時代を迎えた。
西美濃の名鉄揖斐線・」谷汲線、美濃町線の廃止、樽見鉄道の3セク化など、地元ではますます不便になった

自治体の財政補填も限度があり、経営努力ばかり頼れない現実がある
021
「乗って残そう○○線」なんて気安く言うけど
ことはそれほど簡単ではない

多くの都市で路面電車が消えた
名古屋、岐阜、京都、など

でも、どっこい今でも走っている町はある
豊橋、富山、松山、広島など
どの町も、通りに賑わいがある
電車の通る町は、人が生きているのだ

同様に、廃線後の町の寂れようは言い難い
駅が町の玄関だったはず

入り口が消えてしまっては町はノッペラボウだ
バス停は顔になれない

009_2
線路や電線、発車の合図、人の出会う待合室
電車の駅にはロマンがある

さあ、明日から「養老鉄道」に乗りましょう

自転車を積み込んで自然の中を走る
「サイクルトレイン」もありますぞ

養老公園、池田山、揖斐、谷汲などどうですか

鉄道マニアではないので、
養老鉄道の線路や電車の魅力や限界は
よく知りませんが、
とにかく「存続」が第一です

だって、雪の日はどれだけありがたいことか

料金を倍出してもいいくらい「頼りになります」

効率化ばかりの進歩だけでは
人間の生きる価値は半減します

明日から郵便局も民営化ですが
この先どうなるのでしょう

« 梁川星巌展・開催中! | トップページ | 波打つ階段?レレ! »

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
10/1に本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。

「養老鉄道」の「サイクルトレイン」、今度利用してみたいと思いました。ありがとうございます!

今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/8183427

この記事へのトラックバック一覧です: さらば近鉄養老線!:

« 梁川星巌展・開催中! | トップページ | 波打つ階段?レレ! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ