« フリーマガジン研究(1)求人情報誌 | トップページ | 揖斐川のやな鮎料理 »

2007年8月24日 (金)

大垣グルメ散策(2)

大垣共立銀行の本店の交差点北には
「大垣市守屋多々志美術館」があります

Img_0563
小さな美術館ですが大垣出身の日本画家の
作品が企画ごとに展示されています
静かなムードの中で落ち着きますよ

私は、芭蕉の「奥の細道」シリーズが好きです
絵がやさしいのです

絵画鑑賞をおわって少しお腹がすいたら
大垣共立銀行本店から細い通りを西に進むと
「酒井亭」があります
Img_0566
なんと言っても有名なのは「にしんそば」ですね
私には少しからめだけど鰊のやわらかさ、そばの味
京都に行かなくてもいつでも味わえる

それに
おかみさんの「まいどお~きに」という独特の関西弁が聞けます
まったりした気分になります

お昼はいつも満員です
ただし、残念ながら日曜日は休業してます悪しからず

酒井亭から西の筋を南に少し歩くと
旧街道・美濃路に出ます

静かな通りにあるこの店構えは歴史を感じさせます
Img_0570
どうですか、この堂々とした屋根は!
風格があります
これがかの有名な「槌谷」です
やはりつちや、といえば「柿羊羹」でしょうね

竹を半割りにして流し込んだ独特の羊羹です
甘くてもっちりしています
城下町のお茶文化につきものの和菓子


最近、一口サイズの羊羹もみやげとしては好まれているようです
「槌谷」は本店のほか大垣駅前などにも店があります

本店から水門川に沿って南に歩くと
史跡「奥の細道むすびの地」に到着です

ぜひ立ち寄ってみてください

Mg_0593
              「松尾芭蕉と谷木因」

« フリーマガジン研究(1)求人情報誌 | トップページ | 揖斐川のやな鮎料理 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/7626641

この記事へのトラックバック一覧です: 大垣グルメ散策(2):

« フリーマガジン研究(1)求人情報誌 | トップページ | 揖斐川のやな鮎料理 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ