« 生かされない教訓 | トップページ | フリーマガジン研究(1)求人情報誌 »

2007年8月20日 (月)

にしみの病院戦争が進行中!

Img_0224

ここ、西濃といわれる岐阜県西部地方は
古代から天下を分ける争いの舞台だった

最近では、大型スーパーの進出で
まさしく、スーパー戦争が繰り広げられている

大垣駅北に今秋オープンの「アクアウォーク」
アピタ大垣店と135の専門店
ひとつの街ができるといってもいい

しかし、それだけではない
この「アクアウォーク」のすぐ北に
着々と建設中のでかいビル

これがあの「大垣徳州会病院」だ

Photo
来年の4月開院に向けて、ひそかに動き出している

西美濃地方は大規模な病院は、3つくらい
大垣市民病院は888床の総合基幹病院
とにかく、数年前?だったか外来患者数が日本1とか
言われたくらいの患者を一手に引き受けている
とにかく人が多い

少し規模が小さいが北部の揖斐川町にある揖斐厚生病院(281床)
南部の養老町にある西美濃厚生病院(250床)で
いずれも農協系だ

私立の総合病院として、今回の徳州会病院は岐阜県初進出だ
283床であるから、かなりでかい
この徳州会病院は全国に64病院を経営しているという

この殴りこみ状態は、西美濃にとってどう影響を及ぼすのか
多分、最新技術と設備と笑顔をもって臨んでくるだろう

市民病院も、農協系も、さらには資本力に弱い個人の小規模病院
医院、クリニックなど今から戦々恐々だろう
019
看護師120名など新たに必要な人材確保で
既存の病院から流れる者もいるだろう

今までの市民病院を頂点とした西美濃の医療体制は
戦国時代に突入すること間違いないだろう

われわれとしては、最新の医療を受けられる機会が増えるのは
歓迎すべきことだ
今の病院が、患者本位になって活動しているのか
利潤追求や横柄な態度などみられることもママある

そうしたことに患者も気付き、前向きにモノがいえるようになれば
よいが

はたして結果はどうなるか!

« 生かされない教訓 | トップページ | フリーマガジン研究(1)求人情報誌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/7613039

この記事へのトラックバック一覧です: にしみの病院戦争が進行中!:

« 生かされない教訓 | トップページ | フリーマガジン研究(1)求人情報誌 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ