« どんな仕事? | トップページ | わが家のつばめ »

2007年6月 2日 (土)

にしみの6月の風景

Photo_96
6月の西美濃は青い水田の風景が広がる
5月の連休頃に植えられた稲がもうこんなに元気だ

真っ白いコサギが水田の小さな生物を狙って集まってくる

どれもが生きていることに精一杯で
6月の風と青空は明るい

Photo_97
一方、すこし目を横にスライドしてみると
こんな黄金色の風景もみられる

小麦の栽培だ
米の減反政策で麦や大豆やレンゲなどの栽培を
奨励した結果だ

それもこの先どうなるのか
「猫の目農政」ではまったくわからない

Photo_98
もうそろそろ収穫を迎える頃だ
そして、またこの風景も一変する

季節の移り変わりを景色の色や匂いで感じさせてくれる

時代は過ぎてもやはり「瑞穂の国」だ

土地と水は、食料を生み出す大切な基なのに
この国では
森や農地が放棄され荒れていく


西美濃の豊かな水と豊かな緑の風景が
いつまでも続くという保障はない

« どんな仕事? | トップページ | わが家のつばめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/6641004

この記事へのトラックバック一覧です: にしみの6月の風景:

« どんな仕事? | トップページ | わが家のつばめ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ