« 臭い | トップページ | 特別展「宮本常一の足跡」に行く »

2007年6月22日 (金)

失礼なこと 2題

自分のことしか考えない娘

2_3

大垣駅始発の電車でのこと

ドアが開き乗客が一斉に乗り込む
私も車両の4人掛けの席の窓側に座った

私の隣に座り込んできた20代の女性が
立ったまま、
ブラインドにいきなり手を伸ばしたかと思うと
ズーと一番下まで降ろしたのだ

「あれー、チョット待てよ!」と言う間もなかったほどすばやい

「勝手にするな!」と言いたかったがなぜか言葉が出てこない

あまりにも大胆で当たり前にやってのけたので
私もさすがにビックリだ

私も行動に出た
降ろされたスライドを目の高さまで上げ戻したのだ

そしてチラリと隣の方を振り向くとそしらぬ顔をしている
そしてあらぬ方向をみている

それ以上、何もなかったかのように
お互い自分の世界に入ったのである

私は、彼女がブラインドを降ろした理由は分かる
日焼けしたくないのだ

一方、私の通勤電車の楽しみのひとつは
車窓風景を眺めていることである

そのために窓側に席を確保するのだ
いきなりブラインドを閉められて
楽しいわけはない
「そりゃないだろう!」ということだ

チョット気が利いた娘なら
「スミマセン、ブラインドをさげていいですか」
って言いますよね!

それが配慮っていうものですよ
私は窓側に従えなんて言わないけど
勝手にやることはないでしょう!

彼女、多分悪い人じゃないけど、気がつかないのかな
そういう微妙なことに

日頃からの感性というか女性の品格というか
もっと磨いてもらいたい

まあ、私もそんなこと言えるほど「男の品格」ないけどね


 『割り込み常習犯は女学生だ

Photo_137

これまた大垣駅始発電車でのこと

大垣から名古屋まで朝の通勤時間は35分ほど
座りたいから早めに来て並ぶ人が多い

このとき、私は4列目に並んでいた
私の前は女学生らしい
教科書には「酵素の種類」はナントカカントカと書いてある

10分以上待っている
あと3分くらいで電車が入線してくる時間だ

一人の白っぽい服装で現れた娘が
「オハヨウ!」と私の前にいる学生にあいさつして
その横に並んだ

そのまま動く気配がしない
これは、前の学生と一緒に乗るつもりではないか

注意というか、後ろに並ぶんだよ、と言おうか迷っていた
だって、そう言うと
「私は乗りません」「立ってますから」とか弁解するかもしれない

やがて電車がホームに入ってきた
ドアが開いた
乗客が急ぎ足で乗り込む
注目の女性が、女学生と並んで入るようだった
ヤッパリ!
ズルだ!

勇気をふるって
「ダメだよ、ならんでなきゃ」
というと
さらに後ろに並んでいた男性も
「横入りしてはダメじゃないか!」と大きな声で怒鳴った
おお~
私以上に怒ってるヤツがいるぞ、いいぞ!

そこで、娘もチョット困った顔をして苦笑いで立ち止まってしまった

並んでいた乗客はほぼ全員座れた
先ほどの娘はバツが悪そうに
友達の女学生の近くに来て立っていた
無言で

以前にもこうしたことがあって
私も何となく思い出したのだ

そのときは私の前ではなく別のドアだったが
だれも止める人がなく
すんなり割り込みに成功したようだった

もちろん、同じ娘とは断言できないが

でもね、やっぱり誰か言わないと直らないよな

今回はありがたい応援があったのでよかったけど
例えば
娘にボーイフレンドがいて
咎めたことに逆ギレして暴力沙汰になることもありうる

だからなかなかチカンやら暴力やらあっても
止める奴がいないから減らないのだね

「自分さえ良ければ主義」が横行してるなあ

カミサマ!仏サマ、あと少しの勇気と強い腕をください

« 臭い | トップページ | 特別展「宮本常一の足跡」に行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/6876539

この記事へのトラックバック一覧です: 失礼なこと 2題:

« 臭い | トップページ | 特別展「宮本常一の足跡」に行く »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ