« やせないゴミ? | トップページ | こっそり裏門から抜け出して!川にドボン! »

2007年5月 1日 (火)

お千代保稲荷参道

GW中は、西美濃もあちこちで賑わいをみせている

そのひとつが海津市平田町の「お千代保稲荷」だ

060
伏見稲荷、豊川稲荷とともに、お千代保稲荷は
日本三大稲荷として有名である
(地元では、そう言っているが
関西では祐徳、関東では笠間がでてくるから自分勝手なものかもね)

まあ、それはともかく毎年200万人の参拝客が集まることは
それなりに有名だと思う

南口と東口にある大鳥居をくぐり参道を歩く

028
稲荷前ある小ぶりの赤い鳥居をくぐって神社に入ると

023_2
本殿には、お賽銭、お酒などのほかに
わらにくくった三角の油揚げが山のようにお供えしてある
012_1

稲荷の神のお使いとしてのお狐さんの大好物が
油揚げという論法だが・・・・

20046_006
庶民の願いである
「商売繁盛」「家内安全」を願って
西美濃はもとより、名古屋、尾張、近江、あたりからも
信者が集まってくる

025_1
境内にある重軽石には行列ができている
願いがかなえばこの石が軽いと感じる
重ければ叶いがたし、という

006_2
ご利益を得るために来る人には
もうひとつ、楽しみがある

参道両側に並ぶ100を越えるお店

その中でも食べることの楽しみはどこでも共通

ここの名物は、なんといっても「串カツ」だね
004_8
揚げたての串カツをその場で立ち食い
ソース、みそのたれをつける

もちろん、2度づけはルール違反

お勘定は串の本数だ
串を落としてごまかす罰当たりはいない

057 
あまりに多い人だかりで必死
ともかくパリパリでうまい

奥には座敷席もある
ドデ串もやわらかくてうまいなあ
1本80円
付け合せのキャベツも甘くてうまい

053

川魚料理も伝統的な味として有名である

鮒、もろこの甘露煮、鯉の刺身、うなぎ蒲焼のほか
なまずの蒲焼が特にここではお勧めだ

031_2

こんな看板もある料理旅館の座敷で食べるのもよいし
まるで大阪の道頓堀の大看板のようで眺めるだけでも楽しい
050_3
なんか雰囲気あるよね

015_3
縁起物グッズも楽しい
1億円ハンカチ、ペットお守り、招福七福亀
縁結び厄除け守り、幸福ストラップ、キーホルダー
5円の力、お金がたまるお守り、ダブルまがたま

どれもこれも庶民のささやかな幸せを呼びそうな
グッズだ、と思わせぶりなネーミング
017_3
こうした小物を見ているだけで楽しいものだ
多分、それほど信じて買う人もいないだろうが
冗談で、記念的に手に入れる人はけっこう多い
500円で買える幸せ
009_1
漬物も種類が多い
柴漬け、つぼ漬、養老漬、べったら漬、らっきょ
にんにくたまり漬、たくあん古漬け、なす、きゅうり浅漬け
生姜漬、しそ漬などズラリ
いずれも200円~300円程度のお手ごろ価格だ
039_1
麩もある、おつゆ麩、にんじん、もち麩、五色麩
白玉、ゆば、くるま麩などなど
200円均一だ

047
てづくり蓬の入った草もちもうまい
大ざるに入ったよもぎが店先に出ている
007_3
竹製品の店もある
川漁の製品、ざる、笠など竹製品が何でも揃っている
038
干物やのおじさんがコンロにあぶって試食させている
お客はつられて買っていく
500円だ
033
招き猫も集団で歓迎している
これも売り物ですよ
041_1
とにかく、ごッた混ぜの楽しさが詰まっている
お千代保稲荷参道の商店街

店先を冷やかしながら歩く楽しさ
家族連れ、中高年夫婦、笑顔が一杯

飾らない庶民の町だ
懐かしい昭和の匂いが一杯詰まった通りが
ここにはある

« やせないゴミ? | トップページ | こっそり裏門から抜け出して!川にドボン! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/6260596

この記事へのトラックバック一覧です: お千代保稲荷参道:

« やせないゴミ? | トップページ | こっそり裏門から抜け出して!川にドボン! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ