« 灯明の炎か? | トップページ | 好奇心そそるコピーです? »

2007年5月 7日 (月)

山科から京へ入る

京都へ行った

山科は京都であってもなかなか縁が薄い
いつでも通過していくからだ

そこで、JR琵琶湖線の山科駅で下車して
旧東海道を歩いて
京都の三条大橋をめざすことにした

004_9
山科駅のすぐ南をかつての東海道が走っている
狭い旧道は
時間をはさんでは、車が一気に駆け抜ける
歩いていても危険が伴うから
ウロウロしておられない

旧街道の面影も時に見られるが
最近では街道歩きブログが流行していて
同じことをしていてもつまらない

で、自分流に見て歩こうと思う

ミニ車庫兼洗車場だ

003_2
町屋風の旧い建物
この横にあるタイヤの黄色と防火バケツの赤とが
派手やかで目にとまった
それに水道も完備してます

さらに、横にはこんな張り紙がありました
002
「当家の車が帰ってきます」ので・・・

なんとも分かりやすいというか
余計なことというか

関西人は、どうもおしゃべり好きだ

ニセ竹が並ぶ車除け風景
005_3
なんでも京風どすえ

コンクリート製の車除けも竹に似せてあります
ちょっと気付けば、そこにも「キョウト」がある

伊右衛門自販機、発見!

007_4
「お茶は伊右衛門どすえ」とばかりに
自販機丸ごとイエモンですが
中身はいろいろあります

ホッパラ町という謎のまちがある
031_3

街道筋の案内地図に「日ノ岡ホッパラ町」とあった
興味本位に行ってみた

方向が分からず何度も行きつ戻りつ
迷宮の闇にはいってしまった

この町には、きっと
ホッパラ電機、ホッパラ商店など
ホッパラの文字があちこちで目に付き
看板から道路標示まで
ホッパラ天国かな、と想像してわくわくしていた

で、見かけたのが
032_2
この京都市広報版、それに市営住宅の看板
わずか2枚のみ
と、いうことはホッパラという名は
あまり歓迎されていないようだ

いささか残念だ


琵琶湖疎水が静かに流れている
014 

旧街道を山際にぎっしりと建つ住宅街を抜ける

何も気をつけないと分からない空間が
ふとした水のささやきに誘われて
足を向けると素晴らしい光景に出会うのだ

琵琶湖疎水は、この山科では
桜や紅葉以外
ジョギング、散歩で
地元の人のみ知っている穴場的存在だ

明治後期から100年以上も京都に水を送り続けている


021_3
新緑が独占できる空間がここにある
目にしみいるようなあざやかさ


025_2
しかし、
ここでも野生の動物に保護と生活防衛との
葛藤がチラシに書かれていて
現代の大きな課題になっている

猿でも猪でも根は同じ


平成の新撰組同士募集!
009_2 

「府民の明日も京を守る」警察官募集広告だ

年々、悪質化する犯罪と闘い
京の治安を守るため
若き闘志よ、来たれ、という触れ込みだ

まさしく、平成の新撰組・組員募集案内だ

東京でも警視庁が就活イベントに参加している時代だ
ここのポスター、
筆字で、さすが京都らしい


多聞を好むことなかれ、渇!

017_4
疎水の流れる山深くにあったお寺
情報に流されるな、という戒め

さすがに、というか、ご立派

でも、どこか虚しいような思いもするが


「亀の水不動さま」がひっそりと

035_1
日ノ岡峠にある通称・亀の水不動さまである

峠越えのとき
しばし旅人が喉を潤した場所といわれている

江戸時代に、木食上人が道路を改修し
同時にこうした休憩所を設けたという

いまではひっそりした住宅街の片隅にひっそり
残っているのみ

042
頻繁に行き交う右手の国道
左は旧道です

以前はここを京阪・大津線が路面電車で走り
道路に活気があった

東海道のゴールは三条大橋

061
やっと、着きました
今でも賑わうサイコロの上がり、「三条大橋」

旅の終結点でもあり、出発点でもある

どちらにしても
最初と最後はくるくると回っている

まるでメビウスの環のように

GWの中、昔の時代を思いつつ
京の入り口に着いた

新鮮な気分だった

« 灯明の炎か? | トップページ | 好奇心そそるコピーです? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/6323059

この記事へのトラックバック一覧です: 山科から京へ入る:

« 灯明の炎か? | トップページ | 好奇心そそるコピーです? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ