« トチル防犯ポスター! | トップページ | 東海道線・穂積駅あたり »

2007年3月17日 (土)

ヘンリエッタの中山 咲

このコーナーでは、西美濃から生まれた
今やちょっぴり有名人となった人を取り上げていきます。

最初はこの人です!
_010_10
大垣市内のある書店。
「ヘンリエッタ」という本が山積みされている。

著者は『中山 咲』という18歳
現役の大垣北高3年生だ。

第43回文藝賞を受賞した作品が
「ヘンリエッタ」だ。

_011_7
文藝賞は、河出書房新社の文学賞で、
小説ジャンルにおける新人の登竜門である。

第18回には「1980アイコ16才」で
名古屋の堀田あけみが受賞しているし

第39回は大垣出身の中村 航が
「リレキショ」で受賞した。

       ☆彡
「ヘンリエッタ」の受賞理由に
作者の聴覚・耳のよさがすばらしく
音というものをていねいに描いている、とか

センスよし、文章よし、
あるいは、完成度の高さに文句のつけようがない、

などべたほめである。

私、読んでみました。

確かに、音、空気など、こんな表現はうならせるものがある。

たとえば、
「カタリと箱が空く音、カチャンとなにかが触れあう音、
コツリという音で作業は終了。届け物は箱におさめられた。

ふぅふぅは少しの間だけその場にあって、ふいにカチャカチャにとってかわった。
来たときとまったく同じリズム、同じ速さで帰っていく。」

これは牛乳配達がやってくる情景。
読んでいると、音が聞こえてくるようだ。

主人公はまなみ、という高校生。
でも登校拒否し、通えないらしい。

あきえさんの家に、みーさんの女ばかり3にんの奇妙なくらし。

劇的な展開があるわけじゃないけど、
ついつい読んでいってしまう。

「水をまいたように、しっとりとつめたい畳」に寝ころがり
「わたし、死体みたい」とつぶやく。
「天井の木目をみつめる。」

こうした表現は、なかなかうまい。
状況を、空気感で表わす。

ところで、「ヘンリエッタ」って何のことかって?

それは、読んでみてください。


この先が期待できる有望な新人

中山 咲ちゃん、がんばってね!

« トチル防犯ポスター! | トップページ | 東海道線・穂積駅あたり »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ