« 釣鐘は爆発だ!芸術だ! | トップページ | 街道てくてく旅(7) »

2006年12月 2日 (土)

トマソン誕生・目撃!

見た!トマソン誕生の瞬間!
_029_4
古い和食の老舗がついに壊された。
隣家にぴったりくっついていた家がある日忽然と消えたのだ。

しかし、珍しくその瞬間を目撃した!
その消えた建物の痕跡が隣家の壁に生々しく出現した。
これぞ、純粋なトマソン物件。

にわかに出現したこの影をトマソン用語で「原爆タイプ」という。
あのヒロシマの原爆の熱でコンクリート壁に残された人影。
それに似ているところからそう呼ばれているらしい。

芸術作品は芸術家が意識して造ったもの。
しかし、「超芸術」は芸術家が意図して制作したのでもなく
フツーの人が無意識のなかで偶然できた物件。

そしてその「超芸術」をするどく発見するものがいるのです。

くわしくは、
赤瀬川原平著の「超芸術トマソン」(ちくま文庫)をどうぞ。

こうしたトマソンは、とてもはかない存在です。
ゴミのようなものです。
存在自体が認められているわけではないからです。

いつ消滅するかわかりません。

現にどれだけのトマソン物件が消えてしまったことに
「あきらめ」と「せつなさ」を覚えてきたことでしょう。

明日には、消えているやもしれません。
だからこそ、
こうしてカメラに記録して時間を止めているのです。

そして、その物件に再会すると
「やあ、ひさしぶり!」
なんて、声をかけてみたくなります。
(岐阜県大垣市)

« 釣鐘は爆発だ!芸術だ! | トップページ | 街道てくてく旅(7) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/4402739

この記事へのトラックバック一覧です: トマソン誕生・目撃!:

« 釣鐘は爆発だ!芸術だ! | トップページ | 街道てくてく旅(7) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ