« 何とも、つげ義春風な! | トップページ | 浮いた?梯子 »

2006年12月11日 (月)

超芸術トマソンへの道

2000年6月最初のトマソンを発見!
Dsc00346
いつも歩く道の風景である。
何の変哲もない寂しい殺風景な歩道。

だが、ある日ふと気がついた。
よくよく見ると
木が何となくおかしいぞ。

伸び方が斜めっているでしょう?
しかも1本じゃなく、その向こうの木も。
何、これ!

壁に寄り添うように傾いている。
木と壁は相思相愛の仲?
「わたし、あなたのそばにいたいの!」なんて。

それからここを歩くたびに
「これはトマソンだ!」
と私一人で納得していた。

純粋にはトマソン物件ではないが
トマソン的物件を見つけるきっかけとなった
貴重なものである。

が、トマソン的物件は、はかない存在である。
2年ほど前に壁も樹木も取り払われてしまった。
今や、写真にのみ残されている歴史的物件です。

私にとって、トマソン的物件第1号であります。
(大垣市林町、現存せず)

« 何とも、つげ義春風な! | トップページ | 浮いた?梯子 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/4510637

この記事へのトラックバック一覧です: 超芸術トマソンへの道:

« 何とも、つげ義春風な! | トップページ | 浮いた?梯子 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ