« おおがきビエンナーレ体験 | トップページ | 不安な看板 »

2006年10月12日 (木)

街道てくてく旅(3)

雨の中の郁恵ちゃん、かわいそう!

あいにくの雨、しかも十三峠の足場の悪い山道。
最悪だったね!
しかし、
これが本来の旅かもしれない。
歩くしかなかった時代は、雨だから、雪だからといって
宿に居座るわけにはいかなかった。

さわやかウォーキングのように
雨天中止じゃない、ところが厳しい。

距離が14キロと少ないけど
昔は30キロぐらい歩いていた。

石畳がよく出てくるけど、ほんと歩きにくいよね。
シューズは滑るからね。

昔はわらじだから良かったかも。
大井宿は、今の恵那市。
広重美術館からの中継。

版画の印刷体験コーナー。
私もやりました。
けっこう、はまります。

ところで、今日の相手はNHK岐阜のアナウンサーでした。
さすが、うまい、と思いますね。

でもね、昨日の「おりべネットワーク」のなつみさん
台本に沿って進めるんだけど、
どことなく間が空く。
空白が生まれ、「つぎは、誰の番?」ってモタモタ。
これがまた微笑ましい。
笑える。

ローカルから全国ネットになってしまう緊張感がありあり。
これが単純な街道歩きをより人間的で温かいものにしている。
地元アナ、くじけず頑張って欲しい。

それにしても年寄りがどこでも多い(大井)
しかも元気!
テレビ慣れしてるのか、普通にしゃべってくる。

郁恵ちゃんの岐阜弁もローカル色豊かで
中仙道らしいキャラだ。
頑張れ!

« おおがきビエンナーレ体験 | トップページ | 不安な看板 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/3782922

この記事へのトラックバック一覧です: 街道てくてく旅(3):

« おおがきビエンナーレ体験 | トップページ | 不安な看板 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ