« 白洲正子の西美濃(1) | トップページ | アーケード観覧席 »

2006年10月 4日 (水)

街道てくてく旅(2)

郁恵ちゃん、鵜沼宿へ
4日の放映では郁恵ちゃんは鵜沼に来ている。
昨日、岐阜の加納宿から各務原を歩いて鵜沼宿に着いた。
17キロで始めての長距離だ。
まあ、昔の旅人は30キロぐらいは平気だったから、それに比べりゃたいしたことはないのだが。

私も、歩き仲間とたまに街道を歩くが15キロから20キロくらいかな。
しかし、単発の1日でなく毎日歩くとなるとこりゃしんどい。

江戸時代と違い、今日では安心して歩けるような道が少ない。
危険が一杯だ。
歩道が整備されているところはそれ程ない。
いつも車に脅かされている。
だから、新しいバイパスができ、旧道が残されているとほっとする。

加納から鵜沼までは単調な道だ。
名鉄線、JR高山線にほぼ平行して道が東に一直線。

以前、すこし部分的に歩いたことはある。
周辺は畑が多い。
黒っぽい土である。
広大な各務原飛行場が続いている。
周辺には航空機関連の工場が多い。
木曽川は南に平行して流れるため、水のにおいがしない。
乾いた道の印象。

鵜沼宿の中継場所は、脇本陣跡かな。
芭蕉句碑があり解説した人は、緊張で口が乾いたのか何度も舌をなめていた。
「ふぐ汁を喰えば喰せよ菊の酒」
「中仙道てくてく旅」も日に日に街道に集まるファンも多くなり結構観ている人がいるんだと思う。
年寄りが多いが・・・
郁恵ちゃんは、京都、草津宿あたりのぎこちなさが取れて、生き生きしてきたようだな。
愛想がよく、可愛くなった。
確かに。

それにしても、赤坂宿から美江寺、合渡まで見過ごしたのが心残り。
いつかまとめて再放送してよ。






« 白洲正子の西美濃(1) | トップページ | アーケード観覧席 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/3691432

この記事へのトラックバック一覧です: 街道てくてく旅(2):

« 白洲正子の西美濃(1) | トップページ | アーケード観覧席 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ