« 周防大島の旅(7) | トップページ | 周防大島の旅(9) »

2006年8月27日 (日)

周防大島の旅(8)

日本ハワイ移民資料館

Jpg_4
第1日目の旅を何とか無事終えて広島のホテルに戻ったのは7時を過ぎていた。
駅前のホテルから中心部へ食事に出かけた。
広島市内には路面電車が走っている。
紙屋町で下車し、名物の広島焼きというお好み焼き屋に入った。
ビルの中にお好み焼きの屋台が並んでいるようなものだ。
そばが入ったお好み焼きはオタフクソースのたれがたっぷり。
ビールを飲んでお好みを食べるが、少食の私には食べきれない。
さらにドライブの疲れとで一気に睡魔が襲う。

ホテルに戻り、何とか風呂に入りバタンキューだ。

あくる朝、目が覚めると同時にNHKニュースを見る。
台風は昨日から動きが鈍くまだ九州にいるという。
レンタカーはすでに予約してある。
いまさら、別のところへいく気も起きない。
ともかく、行けるところまで行って判断することにした。

山陽自動車道を南下する。天候のせいか交通量は少なめだ。
トンネルを抜けると突風が時々吹き付ける。

玖珂ICを下車して国道437号を走る。
大島方向の空は黒い雨雲で覆われている。
大畠に着き、大島大橋を渡る。
信号を右折し海岸線に沿って進むとやや開けた平地に出る。
平成16年10月1日、大島にある4つの町、すなわち久賀町、大島町、橘町、東和町が合併し新たに周防大島町として発足した。
ここはその旧・大島町であたる。

雨がかなり激しく吹きつけてくる。
めざすは「日本ハワイ移民資料館」である。
なぜここにそのような資料館があるのか分からなかった。
私のイメージする移民はハワイでなく南米である。

小さな案内標識を頼りに進むと田畑が広がる農村に入り迷いながらやっとのことで着いた村の中に館があった。
フロントガラスにバシャバシャと激しい雨が当たりやっとのことで建物に入った。

資料館といっても木造の和風民家である。
玄関に入るとアロハシャツのふくよかな初老の男性が迎えてくれた。
先客が一組あり、近くに住む親子連れがノートを見ていた。

入館料400円を払うとまずこの資料館のことを少し紹介してくれた。

この建物の持ち主はハワイ移民ではなく、アメリカ本土で成功し財を成した人が帰国して建てたものらしい。
ハワイ移民は明治時代から始まっていた。1881年(明治14年)にハワイ国王が最初の
元首として来日、移民の要請があった。これを受けて政府が正式に募集をかけた。
このとき予定の600人を超える28000人以上の応募があった。
この第1回「官民移民」に何と全体の約3分の1を山口県大島郡出身者が占めていたのである。

そして明治27年の第26回まで全国で約29000人、そのうち山口県10400人、大島郡だけで3900人もの人がハワイに渡った。
こうして大島郡は「移民の島」と呼ばれるようになった。ハワイではサトウキビ畑の過酷な労働が待っていた。
しかし、勇気とたくましさにより新しい社会を築いていったのだ。
大島では貧しくて生活できず、船乗りや大工など出稼ぎや移民といった手段で新天地へ出て行ったのである。
その中で多くは挫折してしまうが努力して成功した人もいたであろう。
この資料館に展示されている大型行李、スプーン、鍋、釜の類も当時の暮しもよく分かる。
宮本の父、善十郎も明治27年にフィジー島へ渡ったが失敗して命からがら帰国している。そうした失敗した経験が多くのことを学ぶことにつながった。
人間だれしも同じ時間があるが、それをどう使うかで人の一生が決まる。それを自分にとって最も価値のあるようにつかう事が大切だと教えるのである。

いまハワイは「常夏の島」として気軽な海外旅行として多くの日本人が出かけているがこの事実を知るものは少ないのではないか。

ハワイ州の全人口は約115万人。そのうちの約22%が日系アメリカ人であるとのこと。
移民のことを知らない三世、四世の代になり日本語も話せない人も増えているとか。

強い雨がガラス窓をたたく。
移民者が鍬を持ち、パナマ帽をかむって堂々とした態度で並ぶ記念写真をみていると
生きることに対する精一杯の闘志と気概が伝わってくる。
(以下 次号)

« 周防大島の旅(7) | トップページ | 周防大島の旅(9) »

コメント

コメント どうも。ここの資料館の管理人さんはボランティアさんで、いかにも楽しそうでしたので何とかやってるみたい。手弁当であまり人が来ないけど頑張ってるって感じかな。

コメントしてみました。入館料400円…。高いんだかやすいんだか。普通に400円は払いたくないけど、400円で維持できるのだろうか?
一日に何人くらいくるんだろ。5人?10人?50人ってことはあるまい。う~ん不安。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/3223145

この記事へのトラックバック一覧です: 周防大島の旅(8):

« 周防大島の旅(7) | トップページ | 周防大島の旅(9) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ