« 残ったお隣さん(4) | トップページ | 暑いぞ 揖斐川町! »

2006年8月 9日 (水)

完璧な無用庇です

Photo_32

綺麗に手が入れられた2階の壁。
でも、気づいた?
この庇は何のためにあるの?

かつて庇の下に窓があったが何らかの理由で閉鎖されたようだ。
でも庇だけは残してきれいに修復した。

超芸術トマソンの世界ではこれを無用庇(ひさし)と分類する。
あっても役に立たない無用のものだが残されたんだ。

街の中、歩いているとこんな類のものをけっこう発見する。
これをつくった人は、芸術品をつくろうと意識していない。

そして気付く人もいない。
遊び心を持った人、あるいは夢の中で街をうろつく人が
これを偶然発見する。

その時から、この物件が光を放つ。
しかし、消滅するのもはやい。
本来、壊される運命にあるものだからだ。

足元見て歩くのもいいけど、
時には見上げてみよう。

(名古屋市緑区鳴海町)

« 残ったお隣さん(4) | トップページ | 暑いぞ 揖斐川町! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完璧な無用庇です:

« 残ったお隣さん(4) | トップページ | 暑いぞ 揖斐川町! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ